Pocket

今回はホモとゲイの違いについて書いてみます。

そもそもホモとゲイの違いとは何でしょうか。

「ホモ」とはホモセクシュアリティの略語で、男性同士または女性同士の間での性愛や、同性への性的指向を指します。
同性愛の性質を持っている人のことを同性愛者、ホモセクシュアルといいます。

男女の同性愛者を指す言葉で日常における日本語ではこの言葉の本来の意味が十分に認知されていません。
日本では男性同性愛者をホモセクシュアル、女性同性愛者をレズビアンと呼んできた歴史があり、男性同性愛者(ゲイ)の意味で用いられることが今も多いです。

男性同性愛者のことを特に「ゲイ」と呼びます。
クィア(変わった人、変人)などの言葉が侮蔑的な意味を持つというので、 英語圏の男性同性愛者らが自分たちを肯定的に再定義するために、 「陽気な」「派手な」などの意味を持つ英単語の「gay」を使い始めました。

広義には性別を問わず同性愛者全てを含みますが、日本語社会では単にゲイという場合は、後述のレズビアンと区別し、男性同性愛者のみを指すことがほとんどです。
ただ、アメリカ合衆国などの英語圏ではゲイは男性同性愛者を指す場合が多いものの、レズビアンも含め全同性愛者を指す場合もあります。

略語の「ホモ」には「オカマ」ほどではないですが侮辱または嘲笑を感じとる男性同性愛者もいます。
ホモとゲイの違いというのは単語の意味としては先述したようにほぼないのですが 「ゲイと呼ばれるのはいいけど、ホモと言われるのは嫌だ。」 など男性同性愛者自身は自身がどう呼ばれるか気にする人も一定数います。

ホモとゲイの違いはわかりましたか?
これを機にホモとゲイの違いを学んでいただければ幸いです。