Pocket

今回は海外のゲイネタです。

ドイツの国際的なゲイ専門旅行ガイド「スパルタカス・インターナショナル・ゲイ・ガイド」が、世界138の国と地域を対象に、ゲイ・フレンドリーな国をランキング化した「ゲイ・トラベル指数(Gay Travel Index)」を発表しました。

このランキングは、ゲイやレズビアンなど同性愛者にとって、旅行先として適しているかを調査したもので、総合スコアが高いほど「ゲイにやさしい国」であると言えます。

海外旅行が好きなゲイの人の中には興味のある人も多いのではないでしょうか?

1位のスウェーデンを筆頭に、ベルギー、フランス、オランダ、イギリスなど、上位には同性婚が認められているヨーロッパの国々で占められています。

日本の順位は世界60位。

海外、特にヨーロッパやアメリカに比べると、ゲイや同性愛に対して国民的な議論がなされることはほとんど無く、無関心な社会情勢を反映したためだと思われます。

海外では同性婚や、パートナーシップ制度などが認められています。
早く日本でも海外のように、同性愛者がパートナーと共に人生を歩めるようになるといいですね。